« やっぱり、そうか、会長のご苦労 | トップページ | 「越谷にほんご勉強会(越谷日本語勉強会)」のご案内 »

危ない関係の危ない説明

日本語の「と」は、スペイン語の ”y” と同じですか、とスペイン語を母語とする外国人学習者のCちゃんから尋ねられた。akkiiは言った。そうねェ、「犬と猫」と言った場合の「と」は、英語の “and” と同じだから、スペイン語の ”y” と同じね、と。知識のあるところを披露したのだが、続けて、「父と散歩します」という場合の「と」は、英語の ”with” と同じだから、スペイン語では、なんて言ったっケ? と、ど忘れしたのでボケた。すると、Cちゃん、それは ”con”と同じです。“con mi padore” です、という。これは、スペイン語の勉強になった。

さらに、Cちゃん、「犬と猫」の「と」と「犬や猫」の「や」は、同じですよネェ、と聞く。ここで akkii は、はたと困った。”cantar y bailar” 、これは普通、「歌ったり、踊ったり」と訳されている。とすると、スペイン語の ”y” は、この場合、日本語の「や」と同じような意味を含むことがあるのでは、と少ない知識の中で考えたからだ。そこでCちゃんに、スペイン語談義の中でそのことを確認し、スペイン語の "y" は、日本語の「や」の意味も含んでいるとなると、「と」と同じとはいえないわネェ、と前言を訂正した。

次に、本論の「と」と「や」の違いについてである。「犬と猫」や「犬や猫」では存在が遠いので、ごく近くの「あなたと私」で考えてみた。「あなたと私」と「あなたや私」とでは、だいぶ違う。これは「と」と「や」の一字違いだけである。たとえば、「あなたと私は愛し合っている」とした場合と、「あなたや私は愛し合っている」とした場合とでは、この二つの文のニュアンスは、大きく違っている。日ごろ日本語を話している私たちは、このニュアンスの違いを知っている。ところが、このニュアンスの違いを外国人の学習者に教えるのは、容易ではないのだ。

「と」と「や」の違いを際立たせようとして、せっかく考え出した例文もまずかった。

このことも災いして、Cちゃんには、危ない関係の危ない説明をすることになってしまった。二人だけで愛し合っているのと、二人のほかにもっと人がいて、お互いに愛し合っているのが・・・???

私たちが、なにげなく使っている「日本語」も、これを非母語話者に教えるのは、本当に難しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「越谷にほんご勉強会(越谷日本語勉強会)」のご案内(←クリックして、ご覧いただくことができます。または、このブログ欄の左側上部の各記事のタイトルをクリックして、ご覧いただくことができます。また、WEB 検索で"merry-akkii"として検索すると他のブログをご覧いただくことができます。)

|

« やっぱり、そうか、会長のご苦労 | トップページ | 「越谷にほんご勉強会(越谷日本語勉強会)」のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/13950258

この記事へのトラックバック一覧です: 危ない関係の危ない説明:

» akkiiが活動する場、「草加にほんごの会」 [merryakkiiのジオログ]
akkiiが活動する草加にほんごの会(草加日本語の会)の日本語教室は、日本語を勉強したい外国人のために、原則として、毎週土曜日(第5土曜は除く)、午前11時から12時30分まで、草加市(そうかし)中央公民館(草加市住吉2−9−1、電話048−92...... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 17時18分

» 他言語の発音の難しさ・「好き」と「月」、“rice” と “lice” [merry-akkiiの「草加にほんごの会」ふんとう記]
英語圏からの日本語学習者には、日本語の「好き」と「月」の発音の違いが難しいという。これは、「月とスッポン」、「提灯(ちょ [続きを読む]

受信: 2007年11月22日 (木) 19時30分

« やっぱり、そうか、会長のご苦労 | トップページ | 「越谷にほんご勉強会(越谷日本語勉強会)」のご案内 »