« 四川省地震の救助は時間との勝負だ! | トップページ | 無料動画で再生が1千万回を超えている!!! »

四川大地震には世界の災害救助隊の派遣を要請すべきだ

中国・四川省の大地震発生から48時間が経過しようとしている。倒壊した建物の中には、まだ大勢の人々が残されているとみられる。メディアの報道では、瓦礫(がれき)の下などから、泣き叫ぶ声や救助を求める声が聞こえているという。

被災現場では降雨により、閉じ込められている人たちの飲み水が偶然に供給されていることも考えられる。その水により、幸運にも生きながらえる人が多いとも考えられる。とするならば、72時間(3日目)までが、人命救助の勝負時であろう。

中国の人民解放軍や武装警察隊が、災害現場で動き回っている映像が世界のメディアに配信されているが、この動きでは、生きている人も踏みつけられ、圧死してしまうであろう。重機で倒壊建物を取り除くには、それなりの適切な方法があるのだ。地震の災害現場での人命救助には、それ相当のノウハウが必要である。人間は鉄屑ではない。救助すべきは生身の人間である。

世界の先進国には、災害救助用の重機を運べる航空機や全天候型ヘリコプターなどもある。また、優秀なレスキュー隊(人命救助隊)や災害救助犬、災害救助ロボット、災害現場調査カメラ(光ケーブル・カメラ)などの備えもあるのだ。また、災害派遣医療チーム(医師団)の用意もあるのだ。

幸いにも、距離的に近い日本や韓国などにも優秀なレスキュー隊や医療チームがいる。中国政府の要請があれば、12時間以内に災害現場にこれらのチームを到達させることも可能であろう。各国では、これらの派遣隊の準備をしているのだ。

その他の世界の各国でも、災害救助隊や医療チーム(医師団)の派遣の申し出を中国政府に行っている。

中国政府は、各国からの救助隊や医療チーム派遣の申し出を快く受け入れて、一刻も早い、適切な人命救助を行うべきである。被災地での人命救助は、災害発生から72時間(3日目)までが勝負である。

|

« 四川省地震の救助は時間との勝負だ! | トップページ | 無料動画で再生が1千万回を超えている!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/41203835

この記事へのトラックバック一覧です: 四川大地震には世界の災害救助隊の派遣を要請すべきだ:

« 四川省地震の救助は時間との勝負だ! | トップページ | 無料動画で再生が1千万回を超えている!!! »