« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

日本語の意味を変えてしまう気象庁の怪

 この国のメディアが使う報道用語は、国土交通省の下部組織である気象庁が決めているらしい。これは、7月24日午前0時26分ごろの「真夜中に起きた」岩手県中部地震を、NHK報道はじめ、日本の各メディアが「未明に起きた」と表現していることが不可解なので、調べてみて分かった。

 Akkii は、手元にある日本語辞典(国語辞書等)を調べてみた。しかし、どの一冊として、真夜中の午前0時を過ぎて間もないころを「未明」の意味に挙げているものはなかった。そこで、WEB検索画面で「気象庁、気象用語」と入力して驚いた。何と、この「未明」の意味は、国語を所掌する文部科学省ではなく、気象庁が決めていたのである。

この気象用語は、気象庁では「予報用語」と言うらしい。また、この「未明」の時間区分は、真夜中の午前0時から同3時ごろまでを言うらしい。そして、NHKの報道がこれを気象や地震などに関する報道で使い、それに倣ってか、NHKのその他のニュース報道でも、時間を言う場合にこの「未明」を使っている。また、その他のメディアの報道も「未明」を使っている。例えば、「WTO交渉が日本時間の30日未明に決裂」などのようにである。

 ところで、気象庁が予報でこの「未明」という語彙を使うことになった理由は、「夜半」という語彙が一般に使われていないからだという。しかし、この「夜半」は、それまでの台風予報などでは、頻繁に使われていた語彙である。そして、日本語辞典(国語辞書等)や和英辞典などには、この「夜半」は「真夜中」、「午前0時」の意味として出ている。したがって、日本の言葉として定着し、日本文化に定着していた語彙と言える。ところが、「未明」という語彙は、日本語辞典(国語辞書等)や和英辞典などを調べても、午前0時から同3時ごろまでを指し示す意味としては出ていない。そして、広辞苑には、「夜がまだすっきり明けきらない時」と出ている。そのうえ、和英辞典にも、「夜半」は ”midnight” と出ているが、「未明」は “before dawn” ”before daybreak” と出ているのだ。つまり、和英辞典でも「夜半」は「真夜中」の意味であるが、「未明」は「夜明け前」の意味なのであり、気象庁が言う午前0時から同3時ごろまでの意味は含まない。

 なお、この「未明」の漢字は、辞書を調べるまでもなく、「未だ明けず(いまだあけず)」の意味であろう。これは、日本語を母語とする国民が小学校、中学校で漢字を習っていれば、素直にそう取れるであろう。それは、夜明け前を意味する言葉だ。そして、日本語の辞書にはそうある。また、和英辞典にもそうあるのだ。

 台風のように、ある地点を通過するのに一定の時間がかかる気象状況の場合は、「未明に通過」などとしても、あまり違和感を持たなかった。しかし、地震は1時間も続くことはなく、せいぜい数分間でメインの地震は終わる。したがって、真夜中の午前0時26分ごろ起きた地震をNHK報道で「未明に起きた」と表現されると、何という日本語の使い方だと驚愕の念を禁じ得なかった。当夜、Akkii はこの時間、まだ起きていた。テレビをかけっぱなしにしながら、PCに向かっていた。すると、テレビ画面の上部に地震情報が表示され、間もなく、震度3位の長い地震がやってきた。その地震の揺れを体感しながら、発生地点は遠いようだが、かなり大きな地震がどこかで発生したのだろうと推測した。Akkii は、その夜は未明まで起きていたとは考えていない。それは、「未明」とは、うっすらと朝が明ける前であるという感覚と思いがあるからだ。多くの日本人は、そう思うのではなかろうか。そして、日本語辞典(国語辞書等)や和英辞典には、そう出ている。

 しかし、この報道用語やそこで使われる「語彙の意味」を国土交通省の下部組織である気象庁が決めてしまうとは、この国の言語政策は、一体どうなっているのであろうか。この日本で、従来使われていた伝統的な意味の「未明」という語彙の意味を、国土交通省の下部組織である「気象庁」が変えてしまえるということが、この国の言語政策の脆弱さと希薄さを物語っている。そして、NHKをはじめ、各メディアが、この気象庁が定めた日本語の「語彙の意味」に盲従しているようにみえるのが、たいへん不思議である。

 現在、わが国の報道で使われている「未明」という語彙に代え、「真夜中」を使うか、「夜半」という語彙を復活させて使うべきである。気象庁などに日本で伝統的に使われている言葉の意味を変えさせたり、報道用語を規制させるべきではない。国民が使う言語には、統一的に調査、監視し、指導する国家機関が必要である。先進国の多くは、この機関を持っている。日本にも、この機関を作る必要がある。

 一国の言語政策は、その国の世界戦略や安全保障に関わる重要な事項である。一般に言語には、規則性(または規範性、規律性)、安定性、普遍性(または汎用性)が求められる。国語を所掌する省庁でない国土交通省が、報道用語を決めてしまうなどの安全保障上の重大な危険性は排除しておく必要があるであろう。これは、この国の政治の心もとなさが出ている事象だ。この国の安全保障がまことに危ぶまれる事態である。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ゆるキャラに熱中し、熱中症!?

各地でご当地ゆるキャラのデビューが相次いでいる。このゆるキャラの着ぐるみでパフォーマンスに熱中すると、熱中症になるので注意を要する。ゆるキャラの着ぐるみで、現に熱中症に罹る事故が起きている。着ぐるみの中は、外気温よりはるかに高くなる。それでなくても気温が高い夏である。ご用心、ご用心。

熱中症とは、熱中するとなりやすい急性症状である。しかし、この「熱中症」と「熱中する」の「熱中」は、漢字は同一でも、語源が違う。

熱中症は、長時間、直射日光に体がさらされるとなりやすいが、屋内や日陰でも罹る。これに罹ると、血液の循環障害を招き、体温が異常に上昇し、鼓動が早くなったりする。頭痛やめまいを呈し、意識が朦朧とし、気を失うこともある。生命に危険を及ぼす重篤な症状である。

熱中症は、現在では4類型に分類できる。そのうち、体温が上昇する熱中症に罹った場合には、水分や塩分を補給し、体を冷やすことが先決である。体を冷やすのには、内側から冷たい飲み物で冷やし、外側からは、水で冷やすなどして、体温を下げることが必要である。木陰で休ませることや、風を送って体を冷ますなども大事なことであるが、まずは、体を効果的、確実に冷やし、体温を平温にする方法をとることが肝要である。

熱中症は予防の対策が重要である。こまめに水分や塩分を摂取し、体温を上昇させない工夫をする。ゆるキャラの着ぐるみには、電動ファンを付けたものも出てきた。サウナ風呂の後の水風呂は、人類の英知である。北欧のフィンランドでは、サウナ風呂で熱くした体をすぐに水浴で冷やせるように、サウナ小屋が岸辺に建てられていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本は泥舟に乗っていないか?

  国際情勢を考える上での参考文献2点をここに紹介したい。廉価な新書版として発行されながら、学術書としても優れ、凄くインパクトの強い内容がある。日本が今、世界の中に置かれている立場を考え、その置かれている立場を窮状と認識し、その打開策を考えるために、たいへん参考になる文献である。

 後記(1)の文献は、日米構造協議などを通して、かの超大国が日本に突きつけた様々な要求につき、かの超大国で公開された公文書で検証しながら、「アメリカの日本改造が進んでいる」と表現している。そして、その要求の背景にある、かの超大国のロビイスト(政治圧力団体)や、その目論見をも解析している。また、今、問題となっている公認会計士制度や時価会計、弁護士大量増員問題などにも言及し、優れた分析力と慧眼で鋭く論破している。

後記(2)の文献は、現在もアフガニスタンとイラクで戦争を行っている、かの超大国の「戦争」に関するスタンスなどを中心に、サブタイトルを「戦争はどう利用されるのか」として、かの超大国が戦争を仕掛ける動機やプロセスなどにもメスを入れ、解析している。

(1)2004年4月 『拒否できない日本(アメリカの日本改造が進んでいる)』 関岡英之 著、文春新書、\700(税別)、文芸春秋社

この本のカバーの袖には、次のように書かれている。

―――建築基準法の改正や半世紀ぶりの商法大改正、公正取引委員会の規制強化、弁護士業の自由化や様々な司法改革・・・・。

これらはすべてアメリカ政府が彼らの国益のために日本政府に要求して実現させたもので、アメリカの公文書には実に率直にそう明記されている。近年の日米関係のこの不可解なメカニズムのルーツを探り、様々な分野で日本がアメリカに都合のいい社会に変えられて来た経緯を、アメリカの公文書に則して明快平易に描く。――― 

  著者の関岡英之氏は、異色の経歴を持つ。この文献では、大学法学部を卒業後、銀行で国際金融取引などをした知識と経験を踏まえ、また、その後、大学院で建築に関する工学を研究した学識と経験を踏まえて、明快で言葉巧みな表現により、日本の置かれた立場を検証し、解析している。現在は、評論家として活躍し、大学客員教授をしている。

(2)2008年3月 『アメリカの世界戦略(戦争はどう利用されるのか)』

菅 英輝 著、中公新書、\70(税別)、中央公論新社

この本のカバーの袖には、次のように書かれている。

―――2003年3月、ブッシュ政権は対イラク戦争に踏み切った。世界の平和と安全を説く国がなぜ先制攻撃を仕掛けるのか。そこには、冷戦終結後、EUと中国の挑戦を受けるなか、圧倒的な経済力と軍事力をもとに世界一極支配を目指すアメリカの戦略がある。本書では朝鮮戦争からヴェトナム戦争、そして「ブッシュの戦争」に至るアメリカ式戦争の特徴と問題点を、政策決定者たちの証言を交えて分析し、「帝国」の今後を展望する。―――

  この本の著者、菅 英輝氏は大学教授である。この文献は、正規の学術論文としての体裁をとっているため、表現が難解に感じられる部分があるかも知れない。しかし、目次を見て、興味を持てるタイトルの章から読み進めると、分かりやすいであろう。巻末の「アメリカの戦争」という関連年表も参考にしたい。

これらの文献は、新書版であり、廉価であるうえ、ボリュームも少ないが、それぞれが名著であり、学術書としても優れている。日本の今を取り巻く安全保障問題や国際間の経済問題などの世界情勢を考える上でも、ぜひ、読んで参考にしていだだきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

北朝鮮による日本語教師の拉致

北朝鮮が、日本人を拉致して、北朝鮮の奴隷としている目的は、工作員の養成のための日本語教師として使ったり、日本語の情報を朝鮮語に翻訳したりするための情報機関員として使ったりするためだった。これは、大韓航空機爆破を行い、自殺未遂で助かった北朝鮮工作員、金賢姫の口から、日本人拉致被害者、田口八重子さんから日本語を習い、日本人化教育を受けたということが分かり、発覚した。また、20代で拉致されて40代後半で帰還した地村さん夫妻や蓮池さん夫妻などの北朝鮮内での生活の話などからも分かった。その田口八重子さんは、幼子2児を残したままで拉致され、いまだに北朝鮮で拘束されている。

ここで特に問題なのは、北朝鮮はその目的を遂行するために、日本人拉致事件が頻発した約30年以上前と同様に、その後も多くの日本語教師を必要とした。そして、今でもその状況は変わらないと考えられる点である。つまり、その後も日本人に対する拉致、誘拐は繰り返されていたのではないかという疑念があるのだ。日本各地で行われているボランティアの日本語教室や日本語教師養成学校などを通して、北朝鮮の工作員やその協力者の策謀の下に、「日本語教師」の志望者が狙われていたこと、また、現在でも狙われていることは、想像に難くない。

「海外で『日本語教師』としての経験を積む方法がありますよ」などの甘言に乗せられ、また、「滞在費、宿泊費は当方で負担しますよ」などの言辞に乗せられ、片道航空券で海外に送り出されないように注意する必要がある。北朝鮮に日本人が入国しやすいルートは、中国経由である。この中国経由で、かなりの「日本語教師」が北朝鮮に「誘拐」されているのではないかと懸念されるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »