« 侍ジャパンのストラテジーとタクティクス | トップページ | 東京都心の憩いのオアシス、皇居東御苑 »

日本語のアクセントと投手と党首

 「トーシュ」と読む「投手」と「党首」は、発音、アクセントともに同一だ。日本語のアクセントは、英語やスペイン語などの西欧系の言語の「強弱」のアクセントと違って、「高低」のアクセントだ。この「トーシュ」は、頭高型といわれる日本語アクセントである(参照:『NHK・日本語発音アクセント辞典』)。

 きのう、侍ジャパンはWBCで優勝した。決勝の対韓国戦では、先発投手の岩隈が8回ツーアウトまで「続投」し、そのあとを杉内、ダルビッシュと継投して、接戦を制した。WBCでは、3年前も優勝しているので、これで2連覇だ。米国から日本に伝わった日本の野球が、今や世界の最高峰にあることを全世界に印象付けた。

 ところで、民主党の小沢一郎代表は、民主党の「党首」である。こちらの「トーシュ」も、きのうの記者会見で「続投」することを表明した。民主党には、継投になった場合の有力「トーシュ」が育っていない気がする。

 政治のリーダーは、クリーンなイメージだけでは心もとない。かつての民主党が国政選挙で票を伸ばせなかったのは、この辺に問題があったのではないか。それは、政治のリーダーには、胆の座った強力なリーダーシップが求められるからだ。

 日本刀の鍛造の如く、一見、ただの鉄の刃物に見える刀身に、眼に見えない幾重にも重なった鉄のヒダが織り込まれて、強靭な鋼(はがね)となっているような、頑健なイメージが求められる。

 民主党は、一枚岩(いちまいいわ)となって、この「トーシュ」のイメージを作り上げ、支えていく必要があるであろう。民主主義の日本の政治が、成熟した二大政党政治を目指すためにも、ここは、しっかりと頑張っていただきたい。政党には、「党首」が大事なのだ。

|

« 侍ジャパンのストラテジーとタクティクス | トップページ | 東京都心の憩いのオアシス、皇居東御苑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/44461114

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語のアクセントと投手と党首:

« 侍ジャパンのストラテジーとタクティクス | トップページ | 東京都心の憩いのオアシス、皇居東御苑 »