« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

ペナン島とフェリー

 マレーシアのランカウイ島は、タックス・ヘイブン地域だ。ペナン島からランカウイ島を往復するフェリーには国内の船便でありながら、乗船客名簿が完備されている。このフェリーの乗り場には、パスポート・コントロールがあり、乗船客をパスポートやIDカードでチェックしているのだ。ペナン島側は、インドネシアのスマトラ島メダンへ渡る外国航路や豪華客船クルーズの乗船場ともなっている。

 ランカウイ島はでは、外国人旅行客が商品を購入した場合には、消費税や酒税などが免税となる。したがって、ランカウイ島には、税関がある。ここでビールやワインやウィスキーなどを買うと、他のマレーシア地域に比べて随分と安く感じる。それは、マレーシアがイスラム教国であり、イスラム教義上、酒類はご法度であることから、政策的に酒税を高く設定しているからだ。売店はフェリー・ターミナルの建物の入口にもある。外国人は免税品の買い物の際にはパスポート必携だ。その場で免税となるのだ。

 この島へは、個人旅行としてペナン島ジョージタウンから午前の高速フェリーで出かけて、タクシーでオリエンタル村のロープウエイや水族館アンダーウォーター・ワールドやクロコダイル・アドベンチャーランドなどのランカウイ島内観光をした後に買い物をして、午後の高速フェリーでジョージタウンに戻ることも出来る。ちょっと忙しい旅にはなるが、ペナン島からランカウイ島への日帰り旅行ができるのである。

このフェリーは予約制なので、前日までにこのフェリー乗り場を確認しながら、その付近の旅行代理店窓口などで、パスポートを提示して往復割引のある乗船券を買い求めておくとよい。このフェリー乗り場は、初めての観光客には分かりにくい場所にあり、入口も探しにくいので、事前に確認しておいた方がよいだろう。

場所は、コーンウォーリス要塞の裏側で、ジェッティーという地名のジョージタウンの港よりも時計台側である。旅行代理店が何件か軒を連ねている左側の裏手だ。なお、ランカウイ島の港に着くと、フェリーが着く時間にあわせて、タクシーが沢山待っている。料金は、一見、協定料金のようであるが、コースと値段は交渉次第だ。タクシーを時間貸切りにして、復路のフェリー出発時間の1時間前位で帰着時間を指定し、利用するのも良いだろう。この方が、安心感があるからである。

 また、マレーシア半島部のペナン州バタワースからペナン島ジョージタウンのジェッティーを結ぶフェリーがある。便数が多く、頻繁に往復している。バタワースからこのフェリーに乗船するのには、桟橋を渡って改札口を通る。料金は、確か日本円換算で100円未満であったと思う。改札口を通る人の流れに乗っているとベンチのある広場に着く。ベンチに座っているといつのまにか周りの景色が動き出す。そして、そこがフェリーの上であることに気がつくのだ。したがって、乗船客名簿への名前の記載を求められることもない。

そして、フェリーが動き出すと、左手遠くにペナン大橋が見える。また、その右側遠くにジョージタウンのランドマーク、65階建てのコムタが見える。しかし、フェリーがペナン島に近づくにつれ、この高層ビルは、周りのビル群に遮られて見えなくなる。フェリーはジョージタウンのジェッティーという港に着く。

そこには、道の両側に沢山の乗合バスやタクシーシーが乗客を待っている。また、外国人旅行客と見ると、通路の出口などでタクシーの客引きが沢山声を掛けてくる。ここでは、道を塞ぐように近寄ってくる客引きを装ったスリに気を付けよう。バスは、バックパッカーに人気の安宿街、チュリア通り(チュリア・ストリート)経由やコムタ経由で、リゾート地のバトゥ・フェリンギ行きやタンジュン・ブンガ行きもある。

 このフェリー乗船口の天井部近くの壁には、このフェリー利用によるどんな事故があっても、誰も一切の責任を負わない旨が、赤い看板にマレー語と英語で掲示されている。驚くべき異文化の様相である。

 因みに、このフェリーの乗船料は、バタワースからペナン島に渡るときは有料であるが、ペナン島からバタワースに渡るときは無料である。ジェッティー側には、検札をする改札口がないのである。したがって、往きの半券の提示を求められることもない。

また、陸路のペナン大橋も、ペナン島側の入口には、料金所がない。したがって、ペナン島からこの橋が結ぶ対岸の半島マレーシアのバタワース側へ渡るときには無料である。しかし、半島マレーシア側のペナン大橋の入口には、有料道路としての料金所があり、ペナン島へ渡るのは有料なのだ。

ジョージタウンの船着場、ジェッティーでは、マレー鉄道や長距離バスでバタワース発着の便を利用する外国人旅行客が、キャリアー付きのスーツケースなど大型旅行カバンのキャスターの音をきしませながら、桟橋のスロープを通る様をよく見かける。朝夕には通勤客や通学客で混雑する。

つまり、ジェッティーは、マレー鉄道のバタワース駅や長距離バスターミナルへ直結するジョージタウンのフェリー乗り場なのである。バタワース側は、線路を跨ぐ屋根付きの歩道橋と桟橋で、フェリーターミナルを含む3つのターミナルが結ばれている。Akkiiは、ペナン島へ海外旅行やロングステイで出かけた場合には、便利なのでよくこのフェリーを利用している。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

シャキーラのカミング・アウト

 シャキーラ(Shakira)のシー・ウルフ(She Wolf )という歌曲がカミングアウトしてから半年ほどが過ぎたであろうか。シャキーラの歌は多彩である。彼女は、南米はコロンビア生まれのラテンポッポスの女性シンガーであり、シンガーソングライターであり、音楽演出家であり、ダンサーである。また、慈善事業の活動家でもある。

小柄な身長が150センチメートルから繰り出される歌と踊りが素晴らしい。ステージで熱演する姿からは小柄さは感じられない。

 ベリーダンスも得意としている彼女は、多彩な才能を持ち、スペイン語のほか、英語、アラビア語も話せる。その才能を生かして、世界各地で開催されるライブでは、多彩な歌と踊りで観客を沸かせている。中東ドバイやスペインのマドリッド、モスクワ、アラスカまで世界各地でライブ公演が繰り広げられている。

 シャキーラの歌と踊りの多彩さは、次の七つの動画によく現れている。同じシンガーが歌って踊っているのだろうかと疑いたくなる程に多彩である。下掲はYouTubeの無料動画サイトのコンテンツである。このサイトは、無料でアクセスして視聴することができる。

これらを視聴することが、シャキーラの歌曲をインターネット上で購入するとか、CDDVDの購入などの消費活動の動機になれば、ファンの一人として幸いに思う。

(1) Whenever,Wherever

(2) She Wolf

(3) Objection(tango)

(4) Hay Amores

(5) Hips Dont Lie

(6) Dia De Enero

(7) Ojos Asi

| | コメント (0) | トラックバック (3)

海外ロングステイを薦めるNPO標榜の似非ボランティア団体

あるNPO法人を標榜する団体で、海外ロングステイを薦める会の定例会に参加したことがある。このとき、始めに驚いたのは、役員として顔を連ね、また、会員として活躍している面々に、元不動産業者が多いように思えたことだ。ここには彼らが、南国暮らしなどを会員に薦め、会を利益を得るための集客の窓口としてNPO法人を運営して懸念がある。それは不動産業であったり、旅行業であったりするのだろう。

日本では、不動産取引には宅地建物取引業法(略して宅建業法)といわれる強行法規が適用され、また、旅行の申し込みには、旅行業法が適用され、一般消費者は保護されている。ところが、海外の取引では原則として、たとえ日本人同士が相手の取引でも、これらが適用されないのだ。

したがって、海外ロングステイを目指している場合には、悪徳不動産業者や暴利を貪ろうとしている海外コミュニティーなどの顔役の餌食にならないように、細心の注意が必要だ。特に、日本を出発する際に住居を他人に賃貸して出かけてしまうなどの愚は、避けた方が良いだろう。それは、海外渡航先の現地状況が見えてきたときに、カルチャーショックなどで日本に戻ろうとする場合の障害となるからだ。

また、海外の地では、知り合いがいないことなどから、現地の日本人コミュニティーに頼ることになるが、このときに不動産取引や投資話などの勧誘に膨大な時間で接することになり、結果としてこれらの詐欺の被害者になる危険性が高まるからである。お食事会やゴルフなどに誘われて親しくなるうちに、その罠に嵌っていくのである。「只ほど高いものは無い」とは、昔から言い伝えられる警句である。

つまり、海外ロングステイに出かける場合には、日本での住まいは確保しながら、いつでも日本に引き上げられるようにして出かける方がベターであるということである。ところが、ロングステイを薦める団体などは、日本での住居を整理して、他人に貸し与えるか、売却することを薦める場合がある。この勧誘に乗って、海外ロングステイを始めた場合には、その詐欺被害の餌食になる確率が高まるのである。

また、現地の気候や社会や文化に適応できないのに、無理してそこでの生活を続けることは、うつ状態などの適応障害にまで発展する恐れが出てくる。このような場合には、すぐに日本に帰国することが最良の対処法であるが、日本に住居が無いことがこの妨げになる場合があるのだ。

特に夫婦などのカップルで出かけた場合には、一方が適応できても、他方が適応できないことが多い。特に女性の場合には、周りに話し相手が少ないことや、楽しめるテレビ番組もないことなどから、現地の生活に馴染めない場合が多いのだ。ここには、似非(えせ)ボランティア団体の口車には乗せられないようにする用意周到さが必要だ。

マレーシアのMM2H(マレーシア・マイ・セカンドライフ・ビザ)などのビサを取得し、5年間や10年間のロングステイを目指すならば、その助走期間ないしはテスト期間を設けて、現地の文化や社会や気候などに自らが順応できるかどうかを、観光目的のビザのいらない期間内で現地に滞在し、確かめてみることをお薦めする。これには、ロングステイを薦める団体や旅行会社などから離れて、できるだけ客観的な目で自らが確かめてみることが必要なのだ。

最近では、日本人がパックツアーなどでよく泊まるホテルなどでも、ロングステイヤー向けの宿泊サービスを提供している有名ホテルも多くなった。長期契約では、宿泊料も割安だ。それらは、キチネット(台所セット)に電子レンジや冷蔵庫まで揃えて提供してくれている。そして、マレーシアでは6ヵ月間、タイでは90日間(約3ヶ月)を、観光目的であれば滞在期間の途中で一度、他国に出国するなどして、長期間をビザ無しで滞在できる方法があるのだ。超長期のロングステイには、是非、助走期間を設けてみることをお薦めする。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

民主党が政権与党に就いてから

民主党が政権与党に就いてから、色々なことが政治の世界から見えてきた。自民党と公明党が与党連立政権であったころ、毎月毎月1億円もの内閣官房機密費という、その支払先を明示されない多額の資金がほぼ定額で支出されていたのだ。これは、去年の秋、民主党を中心とする現与党政権が成立してから、報道されたものである。

それは民主党が、8月末に行われた総選挙で308議席を獲得し、自公政権から政権を奪取してから、メディアに登場し、国民の目に曝されることになった内閣官房機密費の問題である。自公政権が民主党に政権を引き継ぐ最終月であった9月には、自公政権が急いでこの官房機密費を取り込んだのであろうか。それまで毎月約1億円であったのが、この月のみ、民主党が衆議院選挙で圧勝して政権交代することが確定してから、自公政権の与党政府は9月1日付けで2億5千万千もの金額を支出したことが分かっている。しかも、この金員の支払先や目的は明示されていない。

この内閣官房機密費は、領収書などの裏づけを取る必要がない費目である。したがって、その内容が国民に明示されることも無い。これは、国民にとっては、いわゆる「使途不明金」といえるであろうか。民主党が政権与党になってからも、平野官房長官は、この官房機密費の内容や支払先を公表しないことを明言している。

この膨大な金額は、一般国民のあずかり知らないことであり、想像もできない金額であるが、政治には、このような「使途不明金」は付き物なのであろうか。与党であった自公政権時代でも必要であったこの「使途不明金」は、野党であった民主党でも当然必要な資金であったことが想像される。

そして、野党時代の民主党は、その原資を国家財政に依存することができなかったのであるから、当然、個人の資産や、もろもろの献金先からの原資に依存せざるを得なかったであろうことも、想像できる。この原資が、鳩山由紀夫内閣総理大臣の場合は、実母からの贈与金であり、小沢一郎民主党幹事長の場合は、父親からの相続財産であったのだろう。

小沢氏側の現預金の出し入れには、その資金手当ての苦労が推認できる。これがあったからこそ、民主党は、自公政権から政権を奪取できたのであろうと思うと、今後、自民党は暫くの間、政権に就くことはないであろうとも思う。それは今の自民党には、私財をなげうってまで、政治改革をしようなどとする大物がいないように思えるからだ。

この野党時代の民主党側の「機密費」の原資の出所を東京地検特捜部は追及したかったのであろうか。小沢一郎民主党幹事長の元秘書であった現職の衆議院議員含む3人を政治資金規正法違反で逮捕しておきながら、小沢幹事長をターゲットとしてその原資の違法性を追及しようとしたようである。

つまり、別件で上げておいて、あっ旋収賄罪などに持っていく目論見が検察側にはあったのでないか。ところがこの目論見が立件できなかった。小沢幹事長は不起訴処分となった。

民主党の小沢幹事長には、党運営と政治に軸足を戻し、民主党の幹事長として、その手腕を遺憾なく発揮して頂きたい。人には寿命がある。しかし、あと20年は頑張ってもらいたい。

第二次世界大戦後、色々なしがらみの中で動かされてきた日本の政治に、新しい目線での大改革が迫られている。外国からの破壊活動で、日本のメディアが動かされたり、官僚機構が陰謀に取り込まれたりしてはならない。日本は、スパイ天国であると言われている。この際、今回のメディアの動きや検察の動きを検証し、日本の主権国家としてのセキュリティー、つまり国家の安全保障をきちんと再構築してもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

二人の詐欺女と男性の不審死

最近、36歳と35歳の女2人が、それぞれ強盗殺人容疑などで逮捕された。この二人の女は、既に詐欺容疑などで逮捕起訴されていた。再逮捕に重ねての逮捕である。

36歳の女は鳥取不審死事件の容疑者で、周辺で不審死を遂げた数人の男性の内の3人から睡眠剤が検出されたという。この女は、スナックの店員であったという。詐欺容疑から強盗殺人の容疑での重ねての逮捕だ。

また、35歳の女は埼玉不審死事件の容疑者で、周辺で6人の男性が不審死しているという。この女は、結婚紹介サイトを利用して、男性達と知り合ったという。結婚をエサにするなどして、数人の男性から合計1億円近いカネを借りているという。その借金を免れるため男性達を殺害している疑いがあるようだ。しかし、とりあえずは殺人容疑での逮捕だ。この事件は強盗殺人容疑に発展するだろう。極めて重罪だ。

この被害に遭った不審死男性の1人が、埼玉県富士見市で昨年8月、駐車場のレンタカー内で、練炭を使った一酸化炭素自殺を装って殺されたと警察はみているようだ。遺体から女が使っていた3種類の睡眠剤が検出されたという。また、レンタカー内で使われた練炭と七輪は、女がインターネット通販で購入したものと同じであったという。

いずれの事件でも、不審死を遂げているのは男性数人である。また、いずれの事件でも睡眠剤が使われているらしい。恐ろしいことである。

海外旅行先では、薬物を使った昏睡強盗被害や性的被害に遭っている女性が多いことが分かっている。昨年、インドネシアのバリ島クタのビーチ近くで、Tシャツのみの半裸状態で殺害された33歳女性の事件発覚後、バリ島の旅行先としての治安の悪さが分かってきた。バリ島を旅行中の若い女性達がグループで行動していても、ディスコやナイトクラブなどで薬物を混入された飲み物や食べ物を与えられ、昏睡強盗や性暴力の被害に遭っているというのだ。性暴力とは、強姦を含む性犯罪のことである。

ということは、女性も男性も、一見、好意的に提供されたと見られる飲み物や食べ物には、警戒が必要であるということである。なお、海外旅行先やロングステイ先の治安情報や犯罪被害対策の情報などは、外務省のホームページ(HP)から海外安全HPにアクセスし、調べることができる。これは、旅行会社などは、積極的には旅行者に教えない情報なので、事前に調べておくことが必要だ。電子情報を取り込んだ新しい方式のパスポートには、この海外安全情報のWEBサイトが記載されているので、参考にすることをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »