« 普天間基地問題と日本の安全保障 | トップページ | 政権交代と国家100年の大計 »

バリ島のジゴロのドキュメンタリー映画

ジゴロのドキュメンタリー映画の一部が、動画投稿サイトのユーチューブにアップされている。インドネシアのバリ島での、外国人女性を狙ったジゴロといわれる男達の生き様と彼らと肉体関係を持つ外国人旅行客女性についての映画のようだ。シンガポール在住の映画監督が、このジゴロの実態を現地で取材し、ドキュメンタリー映画として制作した。

 バリ島では、外国人女性を狙ったジゴロが多いというのだ。ジゴロたちは、海外旅行でバリ島を訪れた女性達に優しく、時には激しくつきまとい、いつの間にか肉体関係を持つらしい。そこには巧みな装置が仕組まれているらしい。そして、性的関係が深まると経済的に依存し、女性に貢(みつ)がせて生活する男達が多いというのだ。つまりジゴロだ。

 この実態を現地で取材し、映像化したのが、この映画だ。タイトルは、"Cowboys in Paradise" だ。海外旅行客の白人女性たちとキスしているシーンなどが映像にある。このジゴロたちが特に好むターゲットは、日本人女性だという。性的関係を持ち、生活費の面倒をみてもらって生活しているジゴロが多いというのだ。この映画については、5月2日の毎日新聞朝刊にも記事が掲載されている。

 この映画制作に対し、インドネシアの地元州政府はカンカンであるという。無許可で取材し、映像化したからだという。インドネシアにとって観光は主要産業の一つだ。この映画は観光産業にダメージを与えるのは確かだ。しかし、事実は事実である。

 同政府は、これらの事実を隠蔽することなく、性犯罪を取り締まり、治安の回復やイメージの回復に努めるのが、筋であろう。取材内容を否定したり、隠蔽したりするのは、筋違いである。

 以前は治安が良いとされ、地上の楽園と宣伝されていたバリ島で、昨年、邦人女性に対する半裸殺人事件や全裸殺人事件が相次ぎ、治安が極めて悪いことが発覚した。メディアでは報道されていない強姦や薬物犯罪、強盗などの外国人旅行者の被害が多いということが分かったのだ。

日本人女性たちが複数人で、深夜のディスコやナイトクラブに出かけていても、飲み物や食べ物に睡眠薬などの薬物を仕組まれ、意識のない状態や抵抗ができない状態で、性暴力被害や強盗被害に遭っているということも報じられている。つまり、バリ島は、女性が複数で行動していても、性的被害などに遭う危険な観光地なのだ。この状況は、すぐには改善しないであろう。

海外旅行を楽しむ若い女性達に、海外旅行先で性的被害などに遭うことにより、その後の人生を狂わせるような契機を作らせるべきではない。これらの事実は、日本政府や日本の観光会社は、日本人の海外旅行者に的確に情報を伝え、注意喚起すべきである。

|

« 普天間基地問題と日本の安全保障 | トップページ | 政権交代と国家100年の大計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/48249740

この記事へのトラックバック一覧です: バリ島のジゴロのドキュメンタリー映画:

» 海外旅行の危険性と対処法(性的被害で泣き寝入りしないために) [越谷にほんご勉強会とmerry-akkii]
 インドネシアのバリ島に海外旅行中の邦人女性が、9月25日に宿泊先ホテルから警察官を名乗る男に連れ出され、同28日にビーチ近くの茂みで暴行された遺体で発見された。被害者は、神奈川県小田原市在住の佐野理香さん(33歳)だ。友人女性と一緒にバリ島の繁華街にあるこのホテルに9月16日から滞在していたという。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 18時14分

« 普天間基地問題と日本の安全保障 | トップページ | 政権交代と国家100年の大計 »