« 政権交代と国家100年の大計 | トップページ | 瓶の中に閉じ込められた日本の国防力 »

宿主と病原体

 犬や猫などのペットを飼っていると、イヌノミやネコノミなどが人に噛み付くことがある。これらのノミは、人を宿主として生存することはないが、一時的には人間が血を吸われ、かゆみに襲われる。蚤取粉などでペットノミの駆除を行う所以(ゆえん)である。

 これらの愛玩動物を飼育していた人なら知っていることだろうが、ヒトノミに比べて、犬にたかるノミは大きく柔らかいという特徴があり、また、猫にたかるノミは小さくて固いという特徴がある。

 ところで、鳥インフルエンザや豚インフルエンザのウィルスは、もともとは人から人への感染力がない病原体であった。ところが、これが変異し、人に感染した後、それが人から人への感染を繰り返すという風に、宿主を人に移し、生きながらえ、増殖するように変異してしまう。こうなるとこれらの病原体の感染力が脅威となる。

 幸いにも、昨年から今年にかけて大発生した新型豚インフルエンザのウィルスは、感染力が比較的弱く、毒性も弱かったために、全体的に見れば、季節性インフルエンザに比較し、パンデミックの健康被害はそれ程でもなかった。

 ところが、宮崎県でモッツアラ・チーズ生産用に飼育していた水牛が発生源であったとされる動物の伝染病、口蹄疫(こうていえき)のウィルスは、感染力が強く、大量の牛や豚に感染し、宮崎県ではまさにパンデミックの様相である。

 この口蹄疫のウィルスは、人間を宿主としてのヒトヒト感染は起こり得ない。しかし、一般にウィルスは、人を宿主としないウィルスでも、人が濃厚にそれに曝露すれば、一時的に人間を宿主とすることがある。人に感染し、毒性を発揮することがあるのだ。これは、ウィルス学としての常識のようだ。現在、南国の東南アジアで流行している新型鳥インフルエンザの患者は、このインフルエンザに感染している家禽類に、暮らしの中で濃厚に接触していた人に多いという。

 過去にある農村で、牛が病気を発症したため殺処分して埋葬したところ、夜陰に乗じてこの牛を掘り出して食べた住人数人が、口蹄疫同様の症状を呈したことがあった。つまり、このウィルスに濃厚に接触すれば、人間にも感染する危険性があるということである。

 口蹄疫に感染した牛や豚などばかりでなく、感染する惧れがある牛や豚なども、ワクチン接種後に殺処分して廃棄するというのは、そういうことなのだ。これを食料に供してはならないのだ。最新のニュースでは、殺処分が予定されている牛と豚の頭数は、32万頭以上にも及ぶという。実にもったいない話ではあるが・・・。

|

« 政権交代と国家100年の大計 | トップページ | 瓶の中に閉じ込められた日本の国防力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/48416022

この記事へのトラックバック一覧です: 宿主と病原体:

» 口蹄疫予防ワクチンの不使用の怪 [merry-akkiiのそうか日本語、そうだ日本語]
家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)が九州の宮崎県を中心に広がっている。畜産農家や動物園にとって、極めて大きな脅威だ。それは、偶蹄類(ぐうていする)といわれる牛や豚、羊、ヤギ、ラクダ、キリンなどに感染してしまう獣類の感染症であるからだ。しかし、奇蹄類(きているい)の馬などには感染しないとされている。 また、人には感染しないとされ、人間が牛肉や豚肉などを食べても大丈夫だとされている。しかし、このウイルスに濃厚に接触した場合には、人にも感染し、人が保菌者となり、動物への口蹄..... [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 12時16分

« 政権交代と国家100年の大計 | トップページ | 瓶の中に閉じ込められた日本の国防力 »