« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

日本がやった! 未明の歓声

  きょう未明に勝利を讃える歓声が上がった。日本の未明のゲームとなったFIFAワールドカップ南アフリカ大会1次リーグE組の対デンマーク戦で、日本は3対1で勝利したのだ。このゲームで日本は勝ち点6をあげた。これで日本の決勝トーナメント進出が決まった。

このゲーム前半に日本は、デンマークから2点をもぎ取った。本田と遠藤のフリーキックがゴールを決めたのだ。テレビで放映された無回転シュートのスロー映像が印象的であった。日本の積極果敢な攻めが、ペナルティーエリア内での相手方の反則を誘い、2点獲得に結びついた。

後半、日本側も長谷部が甚だ疑問が残る判定でペナルティーをとられ、デンマークにフリーキックのチャンスを与えてしまった。そして、ゴールキーパーの川島が、強襲したボールを一時ははじいたものの、そのはじいた球を相手方に再度キックされ、ゴールを許してしまった。

その悔しさの余り、ゴールキーパーの川島が握りしめた手で地面を何度も叩きつける様が印象的であった。そこには、かつてのドイツの守護神、カーンの姿を髣髴(ほうふつ)とさせるものがあった。

しかし、その後、本田の動きがゴール直前でディフェンス陣に阻(はば)まれため、本田がシュートをあきらめて右側にアシストしたボールを、途中出場した岡崎神慎司がシュートし、3点目のゴールを決めた。鮮やかな追加点であった。そして、本田の判断も素晴らしかった。

サッカーの世界大会で日本がベスト16に入るのは2大会振りだ。決勝トーナメントでは、南米のパラグアイとの対戦が決まっている。あと2回勝ち進めば、日本はベスト・フォーだ。

ベスト4進出にかけ、ますます期待が高まる。

頑張れ! 岡田ジャパン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本田のひと蹴りで夜半過ぎの興奮

 FIFAワールドカップの南アフリカ大会で、日本の初戦であるカメルーン戦の前半39分、本田圭祐の左足のひと蹴りがゴールを決めた。日本は、この1点を守り、そのまま逃げ切った。夜半過ぎ、日本列島に興奮が渦巻いた。

 それにしても、アフリカの中でも強豪のカメルーン相手であった。その選手たちの身体能力を凌いだ日本選手たちの活躍は凄い。日本にとっての全くのアウエイ戦であるアフリカの地で、カメルーンを1-0で下した快挙は、日本の今後のサッカーの隆盛にとって、大きな功績を残したといえるであろう。

ゴールキーパーの川島もよく守り抜いた。有名選手エトーの攻撃を封じた長友や闘莉王などもよく動いた。ロングシュートやミドルシュートを得意とするカメルーンのゴール攻略には、一瞬ひやりとしたシーンもあったが、結果は勝利である。そして勝ち点3を獲得したのだ。

侍ジャパンが属する1次リーグE組では、今後、19日のオランダ戦と25日のデンマーク戦がある。今後の戦いが楽しみである。また、勝利して「日本全国が興奮の渦(うず)に包まれた」という状態にしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はっきりとした日本の四季

今年の6月11日は、暦の上での「入梅」だ。これは暦を区切る二十四節気のほかに設けられた雑節の一つだ。

温帯モンスーン帯に属する日本列島は、南の方から徐々に停滞前線に覆われ、梅雨(つゆ)に入る。関東地方には、まだ梅雨入り宣言は出されていないが、来週あたりから梅雨に入りそうだ。

この時期、晴れると夕暮れがすごく遅く感じられる。6月11日のさいたま市の日入は18時58分ごろだ。午後7時半過ぎまで空が明るい。

昼の時間が一番長い日である夏至は、今年は6月21日だ。あと10日後だ。しかし、梅雨に入り、空が梅雨前線に伴う雲に覆われて、雨の日や曇りの日が続くと、折角の日の長さも感じられないことが多くなる。したがって、今が昼の長さを一番感じる時期なのだろう。

季節は、確実に移ろう。街路の植え込みには、ツツジやアジサイやバラが咲き誇っているのが目に付く。つい先日まで咲き誇っていたポピーは、花が終わり、長い茎の先に実を付けて風に揺らいでいる。

南国暮らしの地域である熱帯や亜熱帯と違って、温帯モンスーン帯の日本には、はっきりとした四季があって、自然の景観が美しい。野にも山にも緑が茂っている。本格的な夏はもう直ぐだ。山の仲間からは夏山への誘いが入る。今年は、どこの夏山を堪能しようかなァー、と心が躍る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅政権と普天間基地問題

 民主党と国民新党の連立による新内閣が昨日、皇居において天皇陛下による内閣総理大臣の任命式、閣僚の認証式を経て、正式に成立した。菅直人(かん なおと)首相が率いる菅内閣の発足だ。

 菅首相には、鳩山前首相がやり残した課題山積である。その一つが、沖縄にある米軍海兵隊の普天間基地移設問題だ。米国は、緊密な日米同盟関係を喧伝(けんでん)し、普天間基地の代替地を同じ沖縄の辺野古周辺に移設するよう日本政府に強行に求めている。

 しかし、あるメディアの調査によると、沖縄では84%以上の住民が、普天間基地の辺野古移設に反対を表明しているという。第二次世界大戦の敗戦国日本が、戦後65年も経ようとしているのに、未だに戦勝国の連合国側の一国、アメリカの言いなりになって、基地を提供し続けなければならない、といういわれはないのではないか。戦後100年まで、あと35年しかないのだ。

 この論点でのネット検索により、参考になるブログに出会った。経済アナリストとしても活躍する獨協大学教授の森永卓郎氏の日経BPネットにUPされているブログ記事だ。「『ウソつき総理』の辞任は当然」とタイトルの語調は鋭いが、内容はさすがだ。

 それにしても、アメリカは日本を恫喝しているに等しい。なぜならば、米軍海兵隊という日本の国防にとって重要ではない部隊を沖縄に押し付け、強行に日米安全保障条約やその後の取り決めの履行を求めているからだ。しかし、最近、米軍が日本に駐留していることが、他国から日本の国家主権の侵害の抑止力になっていないと考えられる事件が多発しているのだ。

 

 そして、日本の世論の大多数は、日本全国に134箇所もあるという米軍基地や施設をそのまま温存させることに反対であろう。そして、日本の米軍基地の75%が集中しているという沖縄県には、国民の殆んどが同情しているだろう。米軍海兵隊の訓練は、狭くて人口密度が高い日本で行うべきではない。そして、沖縄に押し付けるべきではない。アメリカが自国の広々とした領域で行うべきであろう。アジアが心配なら、米国が管理統治するグァムやテニアンに移設して行うべきである。かつて、テニアン政庁が、海兵隊基地移設を歓迎しているという報道もあった。

 管政権は、国民の声に耳を傾け、国民世論を背景に米国側と強く交渉すべきである。弊害を振りまいて失脚した自公政権に変わって、民主党を中心とする与党政権が成立した以上、事情変更の原則という理論も考えるべきである。日本を統治しているのは米国ではなく、菅直人内閣総理大臣が率いる日本政府である。臆することはない。日本の安全保障は日本で守るとのスタンスで堂々と交渉し、日本の国防を万全な内容に仕上げる必要があるだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オウンゴールと与党政権の安定

戦いで、味方の動作によって敵に与えてしまう得点のことを自殺点という。サッカーでは、これをオウンゴールという。今、与党の鳩山政権は、これ以上のオウンゴールは避けなければならないだろう。与党の民主党が、国民新党とともに連立政権を組んでいた、社民党の党首である福島瑞穂氏を大臣の座から罷免したことで、オウンゴールで相手方である野党側に得点させてしまったようだ。

このオウンゴールで社民党の政権離脱までに発展させてしまった。味方をここまで追い詰めるべきではなかったのではないか。その話をじっくりと聴いて、対策を立てれば良かった。拙速の感が拭えない。政策遂行には総論が大事だ。まず、日本の政治は日本国家の繁栄を企図し、国民の幸福と平和と安定を目的にすべきであろう。その手段や方法論として色々あるだろうが、この基本、すなわち原点に戻って考えるべきだ。社民党の言い分にはもっとものところがあった。

米軍海兵隊の普天間基地の移設問題は、移設先として考えられている辺野古の周辺では反対運動が盛んだ。沖縄全県としても大多数の県民は反対である。この事実は重い。たとえ鳩山首相が辺野古を移設先に考えたとしても実現の可能性は低いのではないか。これは連立政権を組む国民新党の亀井静香代表が言っている言葉通りだろう。

今夏、7月に予定されている参議院選挙戦が戦いであるのは紛れもない事実である。民主党も社民党も、お互いの選挙協力がなければ、味方の死票が増え、オウンゴールと同じ効果を招く。万一、民主党がこの夏の参議院選挙で惨敗したとしても、政権を維持する議席数は保たれるのである。臆することはない。

したがって与党政権は、メディアを使った世論工作に踊らされるべきではない。対抗勢力がメディアを使って他の政権を攻撃するのは常套手段である。それは、政権の弱体化を謀ることで、政策遂行能力を減殺させる効果をもたらすからだ。国政の安定には与党政権を維持発展させ、安定させることが肝要である。末期の自公連立政権のような、ころころと変る政権にしてはならない。鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長は、メディアに踊らされることなく、その職責を全うすべきである。民主党も一枚岩となって、政権を支えるべきであろう。

今年の夏で戦後65年を経過しようとしている。戦後100年までは、あと35年しかないのだ。国家100年の大計としても時間が経ち過ぎている。日本国内には、北は北海道から南は沖縄まで、米軍基地と施設が134箇所もあるのだ。いつまで米国の占領政策の延長状態を継続させる積りなのだろうか。米国頼みの今までの日本の繁栄は、基礎が脆い砂上の楼閣のようであった。ここは基礎をしっかりと固め、日本独自の安全保障と経済財政政策のもとで、国家の繁栄を目指すべきであろう。

メディアにより、鳩山政権の危機が煽られることで、普天間基地移設問題がどこかへ飛んで行きそうである。ここは、与党政権の安定のもとで、しっかりと国民の声に耳を傾けて、日本の安全保障と米軍基地問題をしっかりと捉え、米軍が日本に駐留することが、本当に日本に対する外国からの攻撃や侵略の抑止力になっているのかどうか、再検討すべきである。

日本に米軍が駐留していても、中国は、東シナ海の日本との間のEEZラインを侵害して、天然ガス掘削基地を設け、日本側に侵犯して日本の国家主権を侵害している。また、中国は、日本領海内を、原子力潜水艦を使って、頻繁に侵犯している事実がある。そして韓国は、在韓米軍の駐留を許していても、北朝鮮による魚雷攻撃により、韓国海軍の艦船が撃沈された。

これらの事実は、日本にとっても韓国にとっても、米軍の駐留が外国からの軍事攻撃の抑止力になっていない、という事実を示している。国家の安全保障は、その国家が最善の備えをすることが必要なのだ。これには、国家の政策を遂行する与党政権の安定が必要だ。オウンゴールをしているときではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »