« はっきりとした日本の四季 | トップページ | 日本がやった! 未明の歓声 »

本田のひと蹴りで夜半過ぎの興奮

 FIFAワールドカップの南アフリカ大会で、日本の初戦であるカメルーン戦の前半39分、本田圭祐の左足のひと蹴りがゴールを決めた。日本は、この1点を守り、そのまま逃げ切った。夜半過ぎ、日本列島に興奮が渦巻いた。

 それにしても、アフリカの中でも強豪のカメルーン相手であった。その選手たちの身体能力を凌いだ日本選手たちの活躍は凄い。日本にとっての全くのアウエイ戦であるアフリカの地で、カメルーンを1-0で下した快挙は、日本の今後のサッカーの隆盛にとって、大きな功績を残したといえるであろう。

ゴールキーパーの川島もよく守り抜いた。有名選手エトーの攻撃を封じた長友や闘莉王などもよく動いた。ロングシュートやミドルシュートを得意とするカメルーンのゴール攻略には、一瞬ひやりとしたシーンもあったが、結果は勝利である。そして勝ち点3を獲得したのだ。

侍ジャパンが属する1次リーグE組では、今後、19日のオランダ戦と25日のデンマーク戦がある。今後の戦いが楽しみである。また、勝利して「日本全国が興奮の渦(うず)に包まれた」という状態にしたいものだ。

|

« はっきりとした日本の四季 | トップページ | 日本がやった! 未明の歓声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/48635879

この記事へのトラックバック一覧です: 本田のひと蹴りで夜半過ぎの興奮:

« はっきりとした日本の四季 | トップページ | 日本がやった! 未明の歓声 »