« 本田のひと蹴りで夜半過ぎの興奮 | トップページ | 棚から牡丹餅のドリアン »

日本がやった! 未明の歓声

  きょう未明に勝利を讃える歓声が上がった。日本の未明のゲームとなったFIFAワールドカップ南アフリカ大会1次リーグE組の対デンマーク戦で、日本は3対1で勝利したのだ。このゲームで日本は勝ち点6をあげた。これで日本の決勝トーナメント進出が決まった。

このゲーム前半に日本は、デンマークから2点をもぎ取った。本田と遠藤のフリーキックがゴールを決めたのだ。テレビで放映された無回転シュートのスロー映像が印象的であった。日本の積極果敢な攻めが、ペナルティーエリア内での相手方の反則を誘い、2点獲得に結びついた。

後半、日本側も長谷部が甚だ疑問が残る判定でペナルティーをとられ、デンマークにフリーキックのチャンスを与えてしまった。そして、ゴールキーパーの川島が、強襲したボールを一時ははじいたものの、そのはじいた球を相手方に再度キックされ、ゴールを許してしまった。

その悔しさの余り、ゴールキーパーの川島が握りしめた手で地面を何度も叩きつける様が印象的であった。そこには、かつてのドイツの守護神、カーンの姿を髣髴(ほうふつ)とさせるものがあった。

しかし、その後、本田の動きがゴール直前でディフェンス陣に阻(はば)まれため、本田がシュートをあきらめて右側にアシストしたボールを、途中出場した岡崎神慎司がシュートし、3点目のゴールを決めた。鮮やかな追加点であった。そして、本田の判断も素晴らしかった。

サッカーの世界大会で日本がベスト16に入るのは2大会振りだ。決勝トーナメントでは、南米のパラグアイとの対戦が決まっている。あと2回勝ち進めば、日本はベスト・フォーだ。

ベスト4進出にかけ、ますます期待が高まる。

頑張れ! 岡田ジャパン!

|

« 本田のひと蹴りで夜半過ぎの興奮 | トップページ | 棚から牡丹餅のドリアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/48715833

この記事へのトラックバック一覧です: 日本がやった! 未明の歓声:

« 本田のひと蹴りで夜半過ぎの興奮 | トップページ | 棚から牡丹餅のドリアン »