« 邦人女性の全裸殺人事件に判決 | トップページ | どちらが内閣総理大臣に相応しいか? »

民主党は正々堂々と代表選挙を行うべきだ!

 民主党の代表選挙が行われるかどうか、迷走しているようだ。民主党は政権与党なのであるから、堂々と政策論議を行い、誰が代表に相応しいか代表選挙を行うべきであろう。

 昨年の総選挙の勝利で民主党が政権与党に就いてから、その政策は多くの国民の期待を裏切ってきた。今、日本経済は米国経済のあおりを受けて、大きく低迷している。日本経済は、この低迷し、混迷を深めている米国経済に依存しているのだ。この低迷している米国流の金融・経済政策を続けていては、日本経済が米国経済のレベル以上に浮上できるわけがないであろう。

 同じく、日本の安全保障問題も、国防面で米軍にどっぷりと依存していたのでは、米国が他国との紛争や緊張関係に巻き込まれた場合、日本もその渦に巻き込まれてしまう惧れがある。

 今後、日本が安定した繁栄と平和を目指すならば、日本は独立国家としてのセオリーを守るべきである。そのセオリーは、過去の歴史から学ぶことができるだろう。世界史をみても、国防を他国に依存して繁栄し、平和であった独立国家はないのだ。

  小沢一郎氏と菅直人氏は、その世界観や国家観が大きく違っている。今の日本のリーダーとしては小沢一郎氏が適任であろう。それは小沢一郎氏には、今の日本がどっぷりと浸かっている閉塞感を打破できる政治的剛腕とはっきりとした国家観、そして強いリーダーシップがあると思うからである。

参議院で与野党の勢力が逆転しているねじれ国会の今は、法案や予算案を国会審議でスムーズに可決するのは、非常に困難である。これを乗り切るのは、菅直人氏が首相では、困難であろう。ここは、小沢一郎氏に首相に就いてもらい、野党を巻き込んで国家の大計を目指すべきであろう。

菅氏が今、民主党の挙党一致を言い出した背景には、鳩山由紀夫氏が抱いた民主党瓦解の大きな懸念に基づく、菅氏への説得工作に負うところが大きいようであるが、菅氏の自発的な動きではないように思える。今、代表選の票読みでは、小沢一郎氏が優勢であるようだ。この現況に、小沢氏排除を明確に主張してきた菅氏は弱気になったのであろう。

 しかし、政権与党としての民主党は、陰でもぞもぞと人事などの闇取引をすることなく、正々堂々と公明正大な代表選挙を行い、代表を選出して、首相とすべきであろう。

|

« 邦人女性の全裸殺人事件に判決 | トップページ | どちらが内閣総理大臣に相応しいか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/49303254

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は正々堂々と代表選挙を行うべきだ!:

» 民主党はメディアの報道に幻惑されるな! [越谷にほんご勉強会(越谷日本語勉強会)で活動するmerry-akkiiのジオログ]
 民主党の代表選挙について、メディアは選挙をさせない方向で動いているように感じる。この動きは、何に基づいているのだろうか。  行われれば、小沢一郎氏と菅直人氏の一騎打ちになる様相の代表選挙は、政権与党としての民主党の代表を決めるためには、...... [続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 09時07分

« 邦人女性の全裸殺人事件に判決 | トップページ | どちらが内閣総理大臣に相応しいか? »