« バッゲージ・キーピングと英語ツアー | トップページ | 朝市の長い行列 »

エアアジアXがマレーシアまで片道5千円の格安料金で運航

マレーシアに拠点を置くLCC(格安航空会社)のエアアジアXが、羽田からマレーシアの首都・クアラルンプールまで今年12月9日から週3便運航される航空運賃を、キャンペーン価格として、ネット経由で事前予約により片道5千円で販売することを発表した。

今年の12月9日の就航から来年の7月31日まで、毎週3便の火曜日、木曜日、日曜日に羽田発で運航される航空機の座席のうち、エコノミークラスの2割をこの値段で販売するというのだ。航空機材は、新型のエアバスA-330であるというから、結構な座席数がこの格安料金で利用できることになりそうだ。

エアアジアXは、マレーシアを本拠とするLCCのエアアジア・グループのうち、長距離路線の運航を担当する航空会社だ。現在既に、イギリス、オーストラリア、インド、中国、台湾などとマレーシアを結ぶ路線に就航している。

余談だが、タイのバンコクからは、マレーシアのペナン島のペナン空港まで、同じグループのタイ・エアアジア便が毎日数便運航されている。この便は座席指定制ではなく、搭乗の際には、長い搭乗待ちの列ができて、早い者勝ちの良い席確保の競争が起きる。

ネット検索で、“Air Asia”とキーワードを入れて検索すると、エアアジアのホームページ(HP)である“Air Asia.com”に辿り着くことができる。言語を英語として、出発地と到着地をプルダウン・メニューから検索すると、アジアの主要都市にエアアジア・グループの航空ネットが張り巡らされていることが分かるだろう。このHPの英語のページには、既に出発地と到着地のプルダウン・メニューの“Japan”の空港として“Tokyo-Haneda(HND)”の表示が出る。今後は、言語として日本語の選択もできるHPが望まれる。

エアアジアXの羽田~クアラルンプール便は、羽田発が23時45分で、マレーシアの首都・クアラルンプールには翌朝6時30分の到着予定であるという。クアラルンプールからは、オーストラリア便や英国便も出ており、乗り継ぎを利用すれば、オセアニアやヨーロッパへ格安な航空運賃で海外旅行ができそうだ。

これはバックパッッカーやロングステイヤーには、大変嬉しいニュースだ。一流の航空会社を利用して、一流ホテルに泊まるばかりではなく、バックパックを背負って、LCCを利用し、ドミトリーやB&Bやモーテルに泊まるなどの格安な旅行費用で行く、海外旅行やロングステイがあってもいい。LCCの就航により、海外旅行やロングステイの選択肢が広がりそうだ。

|

« バッゲージ・キーピングと英語ツアー | トップページ | 朝市の長い行列 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/49523988

この記事へのトラックバック一覧です: エアアジアXがマレーシアまで片道5千円の格安料金で運航:

« バッゲージ・キーピングと英語ツアー | トップページ | 朝市の長い行列 »