« 味噌に梅干にたくあんにラッキョウ | トップページ | 海外旅行先のエクササイズ »

タンジュンブンガの朝市

  海外旅行に出かけると、好奇心の旺盛さから何でも見てやろう、何でも経験してやろうという気持ちが湧くことがある。マレーシアはペナン島のタンジュンブンガの朝市でのことであった。マーケットの一角に鍋やタッパなどの器を携えた人の長い行列ができていた。

  見ると牛乳を濃くしたような乳白色の液体を売っていた。計量カップで計りながら売っているのだ。中には器を持たない人もいて、ビニールの小袋にその液体を入れてもらって買っている。

 近くにいる人に訊いてみると、ココナッツミルクを売っているのだと言う。 ココナッツミルクとはどんな味がするのだろう。飲んでみたくなった。そこでその行列の最後尾に並んだ。時間が経過し、段々売り場に近づき、もう直ぐ順番が回ってくるところで店員から英語で声を掛けられた。このココナッツミルクは、生では食べられない。加熱調理用のものだが、それでも買うか、ということであった。生で飲めないのなら、いらないと断った。

  このタンジュンブンガ付近には、ロングステイヤーが数多く滞在する日本のマンション風のコンドミニアムが多い。ロングステイするには、ジョージタウンの中心部コムタや、マレー鉄道駅があるバタワースを結ぶフェリー乗り場ジェッティーからのエアコン付きのバスの便も多く、住みやすい地域なのであろう。首都のクアラルンプールより、ペナン島の方が概して涼しいようだ。周囲が海に囲まれているからであろう。

  多民族国家のマレーシアは、全国的にみればマレー系の国民がドミナント勢力で過半数を占めるが、ペナン島にはマレー系やインド系よりも華人系の人口が多いのだ。華人系は日本人とよく似ているので、一見では区別がつかないことが多い。

  ペナン植物園側(ケーブルカーの反対側。ケーブルカーを一部ではロープウエイと言っている場合がある)から登るペナンヒルでは、華人系の人達がエクササイズとして、速足ウォーキングやハイキングをしている光景に接することができる。特に週末に多い。華人系は日本人とよく似ているので親近感が湧く。

  華人系の人たちは、ウォーキングコースの途中途中にボランティアが運営するウォーターポイントと呼ばれる給水場所を設けていて、衛生上の観点から、煮沸して冷ましたお茶や湯冷ましの水を飲ませてくれる。その飲料代金は無料である。しかし、何がしかの心付けを皆が支払っているようだ。小銭が入った広口ビンなどが置かれている。

  また、その給水ポイントが、ハイカー達の談笑の場、つまり、サロンとなっているようだ。華人系は英語教育に熱心なので、大概英語が話せる。日本人の片言の英語でも、快く付き合ってくれるので、楽しい会話ができるだろう。

  タンジュンブンガの朝市は、旅行のガイドブックには殆んど出てこないが、旅行者にも人気のスポットだ。ここでココナツミルクを生で飲めるものと思って買おうとする旅行者が多いのだろう。生で飲んだら、下痢などの食中毒症状を呈することになったであろう。クワバラ クワバラだ。過去にそういう事例が多かったのかも知れない。

  このタンジュンブンガの朝市は、タンジュンブンガ行きのバスの終点を経て、バスが坂を上がって左側の回転する広場に移動した直ぐ先にある。バスのドライバーに市場に行きたい旨を告げて頼めば、バスの回転場所まで乗せてもらえるだろう。

  タンジュンブンガのこの朝市には、マレーシアの庶民の食物が並んでいる。ここでは小規模であるが屋台やフード・コートも併設されている。ここに行けば、その食文化が良く分かる。南国でありながら、屋内で売られているとはいえ、生の魚が氷漬けにもされず、冷蔵庫や冷蔵ケースに入れることもなく、売られているのには驚かされる。

  これと同じような光景は、韓国のソウルの南大門市場や、プサンのチャガルチ市場の付近の炎天下の路上にも繰り広げられており、驚いたことがある。日本では食品衛生法上の規定から保健所の指導が厳しいので、なかなかお目にかかれない光景だ。

  海外旅行では、パックツアーと言われるパッケージ・ツアーでは案内されない、庶民の生活の場に入って、観光してみるのも楽しい。そこでは、色々な民族の生活の態様と文化に触れることができるからだ。

|

« 味噌に梅干にたくあんにラッキョウ | トップページ | 海外旅行先のエクササイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/49707260

この記事へのトラックバック一覧です: タンジュンブンガの朝市:

» マレーシアのペナン島は面白い! [merry-akkii in 越谷にほんご勉強会(越谷日本語勉強会)]
マレーシアのペナン島は、面白い。この島に入るのには、半島部マレーシアからのフェリーとペナン大橋からの移動があるが、フェリー代もペナン大橋の通行料も、島に入るときは有料であるが、出るときは無料である。そのほか、ペナン空港までは航空機利用で入ることもできる。..... [続きを読む]

受信: 2010年10月15日 (金) 10時05分

« 味噌に梅干にたくあんにラッキョウ | トップページ | 海外旅行先のエクササイズ »