« 日本のテレビの違法配信で荒稼ぎ | トップページ | LCCの台頭で大手旅行会社の業績低迷? »

大型スーパー新規開店のインパクト

師走も半ばとなり、今年も残すところ後2週間となった。このところの冷え込みは、今冬1番のようだ。きょうは日中も気温が上がらないという。ただし、正午近くになっても太陽が低く、日差しが横斜めからあるため、南側の部屋では太陽光が部屋の奥深くまで来る。窓を通過して差し来る太陽の光は暖かく、日中は暖房が要らないほどだ。

近くできのう、大型スーパーが新規開店した。店名は、MrMax。カタカナ表記では「ミスターマックス」だ。場所は、東武伊勢崎線の越谷駅の東口の近くで、やはり大型スーパーであるイトーヨーカ堂が撤退した跡地である。越谷駅東口の三菱UFJ銀行の脇路地を入ったところだ。

MrMaxの建物は、地上3階地下1階として新築され、新規開店したものだ。越谷駅東口からは徒歩4分ほどであろうか。夕方から夜の建物の目印は、屋根のルーフラインに沿って付けられたオレンジ色のネオンだ。これは遠くからでもよく見える。

きのうの夕方、連れ合いと一緒にここに乗用車で出かけてみた。広い駐車場が3階と屋上にあり、スムーズに入場できた。店内は広々としていて、売り場面積が広く、大勢の買い物客がいたにもかかわらず、店内用のバスケットを2つ載せたカートの移動もスムーズだった。建物内には、小規模ながら子供用の遊園施設もあり、千円散髪屋やカルチャーセンターなども入っている。フードコート風の食堂もある。店内は至る所、大勢の買い物客で賑わっていた。

何しろ売り場では開店特売の格安商品が、買い物客を圧倒させているようだった。食料品から日曜品雑貨、衣類、スポーツ用品、家電製品まで、日常生活に必要なものは、ここで何でも揃いそうだ。大根大1本50円、キャベツ中1個50円、春菊1束50円、バナナ1房78円、埼玉県産彩のかがやき新米5キロ998円、・・・と、エンゲル係数が高い我が家にとって、実に経済的な食料品が並んでいた。

きのうは、手持ち資金が少なかったので、クレジットカードを使い、食料品を中心に総計1万円以上の買い物をしてしまった。連れ合いは、スポーツ用品コーナーで、メタボ予防対策用の65cmバランスボールを500円で買い求めた。ここの駐車場内の車のナンバーには、このエリアの春日部ナンバーのほか、近隣の大宮や野田、足立ナンバーなどもあった。

それにしても、我が家から自転車で10分以内の所に、大型スーパーが6軒もある。それぞれが自由主義の市場経済の中で競争し、切磋琢磨し合いながら豊富な商品を安価に提供してくれているのだ。その中での大型スーパーの新規開店は、既存の店舗にとって大きなインパクトがあるのであろう。新聞の折り込み広告には、年末セールの宣伝と共に、競合店舗に対する挑戦的な企画の宣伝が並んでいるように思えた。

|

« 日本のテレビの違法配信で荒稼ぎ | トップページ | LCCの台頭で大手旅行会社の業績低迷? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/50324306

この記事へのトラックバック一覧です: 大型スーパー新規開店のインパクト:

« 日本のテレビの違法配信で荒稼ぎ | トップページ | LCCの台頭で大手旅行会社の業績低迷? »