« 目からウロコ・原発無しでも電力は足りている? | トップページ | 幼い子供を救えー満身の怒りで政治の無策を糾弾 »

平安の記録を無視した原発立地

  「かもめの玉子」とは、岩手県は三陸海岸の有名なお土産で、ご存知の方も多いと思います。この「かもめの玉子で有名な さいとう製菓の社長が撮影した動画」という映像がYouTubeにUPされています。東日本大震災で発生した巨大津波が市街地を襲う様子を撮影した動画です。8分13分の動画ですが、衝撃的な映像です。次のURLをクリックして視聴できます。

URL:http://www.youtube.com/watch?v=QsJiALhs9eU

  

    大地震もさることながら、この巨大津波は本当に恐ろしいと思います。このような自然現象が起こりやすいといわれる日本列島では、人智の及ばないところで核反応を繰り返す恐れがある原子力発電所が、巨大津波に襲われそうな各地の海岸線に建造されているのです。日本の原発立地は、海水を原発の冷却水としているため、その取水のために海岸線に多いのです。

そして、有史以来、日本には今回のような大地震と巨大津波の記録がなかったのかと思っていましたら、その記録があるというのです。約千百年前の平安時代にも大地震と巨大津波が起き、大きな被害があったことが文献に残されているというのです。そして、地質学や地球物理学的にもそれが裏付けられているといいます。

 ところが、その記録を無視して、日本の原子力安全基準が策定されているといいます。それは、日本の過去400年間のみの地震の記録を参考にして、起こりうる地震のレベルを想定した、というのです。

その理由は、電力供給の収支バランスなどの経済性を考慮すると、設備投資などの点で科学的記録を無視して原発安全基準を考える必要があったからだと、解析されています。前掲したYouTube動画の映像にもあるように、こんな危険な災害が起きやすい日本列島に、原発は果たして必要なのでしょうか。

今後、発生が予測されている東海地震、南海地震、東南海連動型地震での中部電力浜岡原発の被災も危惧されています。今後の更なる原発被害を防止するためには、原発は可及的速やかに廃止し、撤収していくべきであると思われます。

東日本大震災の大津波に襲われた福島第一原子力発電所は、いまだに放射性物質を放出し続けており、放出を止められない状況です。東京電力は、きのう(2011年4月17日)、福島第一原発の事故収束に今後6ヵ月から9ヵ月かかるとの見通しを発表しました。しかし、内外の多くの原子力研究者からは、その見通しの甘さが指摘されているようです。

|

« 目からウロコ・原発無しでも電力は足りている? | トップページ | 幼い子供を救えー満身の怒りで政治の無策を糾弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201156/51425848

この記事へのトラックバック一覧です: 平安の記録を無視した原発立地:

» 放射能汚染と産地偽装 [merry-akkiiのそうか日本語、そうだ日本語]
  「かもめの玉子」とは、岩手県は三陸海岸の有名なお土産だ。この「かもめの玉子で有名な さいとう製菓の社長が撮影した動画」ということで、東日本大震災に伴い発生した大津波が市街地を襲う様子を撮影した動画がYouTubeにUPされている。8分13分の動画で、次のURLをクリックして視聴できる。 URL:http://www.youtube.com/watch?v=QsJiALhs9eU     大地震もさることながら、この巨大津波は本当に恐ろしい。このような自然現象が起こりやすいといわれる日本..... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 20時10分

« 目からウロコ・原発無しでも電力は足りている? | トップページ | 幼い子供を救えー満身の怒りで政治の無策を糾弾 »